今、巷ではローライズが女性の定番アイテム。
いくつものローライズを着こなすにも様々な雑誌を
参考にしている人も多いはず。
だけど、
このローライズ。
アウターもきちんとセレクトしないとおしゃれが半減。
そこで、解放区では着こなしのお手本を独自にセレクト。

ジャパニーズレゲエスタイル。

彼女たちの踊りという表現法は
とてもワイルドでセクシー。

クラブイベントの華。

彼女たちから学べるセンスも多いはず。

今回紹介するOne and Gは
そんなレゲエダンサーの人たちがたくさんいます。

是非、ダンスとファッションの参考にしてみて。


皆さんからのご意見・ご感想お待ちしています。※連動企画 零助商店にて 見せパン特集やってます。

世界の“エロスの巨匠” 特集 ティント・ブラス

プロフィール

1933年3月26日イタリアのベネチア生まれ。
父はベネチアでユダヤ系の名門弁護士として知られ、
ブラスも当然のように法学部に進むが、
映画にも強い関心を持ち、
パリのシネマテークで保管庫係をしながら
映画を学び(1日6本も映画を見たりしていた)、
トリュフォーやゴダールなどと知り合い、短編映画を製作。
後に谷崎潤一郎原作の『鍵』を
人気女優ステファニア・サンドレッリで映画化し、
“エロスの巨匠”としての知名度はさらに高まる。

主な作品

『働く者は負ける』 『私は宇宙人を見た』
『危険な恋人』 『SEX白/黒』
『サロン・キティ』 『カリギュラ』
『鍵』 『ミランダ 悪魔の香り』
『ラブ&パッション 情事の虜たち』 『スナックバー・ブダペスト』
『パプリカ』 『背徳小説』 『背徳小説 第2章』 『郵便屋』
『背徳令嬢』 『背徳令嬢U』
『秘蜜』 『カリギュラ』他


桃色画報 <ハードヴァージョン>
桃色画報 公式HP
巨匠ティントブラスの最新作。
例のごとくいくつかのエピソードで
分けられているのだけれど
郵便屋の際、ブラスの秘書役で出ていた
彼女が出演しています。
そのエピソードはおすすめ。




秘蜜...

髪結いの亭主のアンナ・ガリエナが主演。
日本語吹替版は杉本彩お姉様。
ヴィスコンティの「夏の嵐」と
同じ原作の映画化
巨匠版はやはり官能的なシーンが
増えています。




郵便屋〈ノーカット完全版〉

これでティントブラスの作品を
見るようになった人も多いのでは
パッケージの貴婦人が挑発する
シーンもエロティックだけど
やはり一番はブラスの秘書。
他の人のような絡みのシーンは
ないけれど、一番綺麗で官能的。



背徳小説 <ヘア無修正完全版>

ティント・ブラスの代表傑作
怪我で療養中の父親がメイドに
猥褻な行為をしているのを
見て、アブノーマルな世界に
足を踏み入れていくっていう話です。
初公開時に修正・削除された
性描写を復元した完全版



背徳令嬢

完璧な肢体と愛苦しい笑顔で
男たちを悩殺し自由奔放に
生きる20歳のカーラ。
あらゆる場所で快楽を貪る
彼女に更なる快楽が待ち受ける。





背徳令嬢 2

イタリアの田舎町で結婚を
目前に控えた19歳のローラ。
何か物足りなさを感じる彼女が、
誰にでも惜しみなく肉体を
さらす背徳の堕天使に変身、
“性のアバンチュール”を楽しむが…。




パプリカ

最愛の恋人に導かれるまま
秘密の娼館へと足を踏み入れた
無垢なる少女。
娼婦たちから
性の手ほどきを受けた彼女は、
未知なる官能世界で様々な経験をし、
いつしか上流社会の
エロスのシンボルとなっていく…。


イタリアの女

リゾートホテルで
盗撮されるメイドの痴態。
仕事中に抑えもなく
エロティックな白昼夢に
耽る美人女医。
男に鍵穴から覗かせながら
猥らなダンスを披露する女etc



世界のエロス その他
マレーナ

ここ最近のアクトレスの中では
最高にエロティックな雰囲気を放ってる
モニカベルッチの代表作。
このマレーナを経てマトリックスで
一躍トップスターに躍り出る。
最近では「パッション」に出演。




I.K.U.

厳密には洋画というべきか?
日本で作られた日本女性を
テーマにしたサイバーで
エロティックでおしゃれな作品
夢野まりあ他、有名AV女優から
ドラッグクィーンまで出演。
有名なSF作品「ブレードランナー」
の終わりからこの物語は始まる。


ショーガール

舞台はラスベガスの一流クラブ
場末のストリッパーから
成り上がっていくサクセスムービー
監督は「氷の微笑」の
ポール・バンホーベン。
音楽はプリンス。
ハイテンションで
クレイジーセクシークールな一本


エマニエル夫人 無修正版

エロティックムービーの金字塔
見たことないけど歌知ってるとか
ポスター見たことあるって人多いかも。
続とさようならを合わせて三部作に
なっているが、やはり一作目の
インパクトは大きい。




あなたの感性に訴えかけるのは???
日本の“エロスの巨匠” 特集 五社英雄

彼を超える者、未だ現れず、、、、。

言わずと知れた、日本の名監督。
常にインパクトのある作品を世の中に発表し
つづけ、自身も壮絶な生涯を生きた人。

中でも女性の半生を描いた作品群は
常に衝撃的で女の情念を描かせたら 右に出るものはいない。

日本映画界での功績は著しく
彼の影響を受けた人間も数多く活躍している。



主な作品

女殺油地獄(1992) 陽炎(1991) 226(1989)
肉体の門(1988)  吉原炎上(1987) 十手舞(1986)
極道の妻たち(1986)  櫂(1985) 薄化粧(1985)
北の螢(1984)  陽暉楼(1983)
鬼龍院花子の生涯(1982)  闇の狩人(1979)
雲霧仁左衛門(1978)  暴力街(1974)
出所祝い(1971)  御用金(1969)  人斬り(1969)
牙狼之介地獄斬り(1967)  五匹の紳士(1966)
牙狼之介(1966)  丹下左膳 飛燕居合斬り(1966)
獣の剣(1965)  三匹の侍(1964) など

鬼龍院花子の生涯

今や伝説の女優となった
夏目雅子の代表作。
「なめたらいかんぜよ」の
名セリフは当時流行になった。
なんにつけ美しい。
この人が生きていたら
日本映画の歴史もだいぶ
華やいでいたことだろう。


陽暉楼

大正から昭和初期にかけて
西日本一を誇った
遊興・陽暉楼を舞台にした文芸ロマン。
日本の叙情的なエロスを醸し出している。
池上季実子&浅野温子の
とっくみあいは必見!!




吉原炎上

日本映画の代表ともいえる
遊郭吉原を舞台にした大作。
名取裕子演ずる主人公が
先輩花魁に性の手ほどきを
習うシーンは女性の方が
見ていてどきどきするのでは。
作品としても秀逸です。



陽炎

昭和三年、
熊本の花街・二本松を舞台に、
男と女の愛憎を
壮絶に描いた作品。
出演は樋口可南子、荻野目慶子、
本木雅弘、岩下志摩と豪華な顔ぶれ




日本のエロス その他
寒椿

昭和初期の高知を舞台に、
博打狂いの父のために
陽暉桜に売られた
芸妓・牡丹の人生を描く。
主演の南野陽子が当時話題に。
体当たりの演技で
挑んだ意欲作。



白蛇抄

小柳ルミ子が
初ヌードを披露した文芸大作。
火事に遭い、夫を失った哀しみから
滝に投身した女が寺の住職に助けられ、
やがて後妻となるが、その息子もまた
彼女の白蛇の如き、
肉体の虜となっていく。
ホントエロいです、、。
舌で愛撫されるシーンは特に、、、。

花と蛇

正に生き方が解放区的な
彩姉さんの意欲作。
もうすごい猥褻で最高。
本気の演技は感動物。
さらに続編の企画もあるらしく
よりディープなSM描写も あるようです。
日本の緊縛美を見事再現。



女衒 ZEGEN

明治後期から昭和初期に
東南アジアを舞台に活躍した
女衒・村岡伊平治の半生を、
鬼才・今村昌平監督が
フィクションを交えて映画化。





皆さんからのご意見・ご感想お待ちしています。



30社限定 解放区内での広告掲載募集 開始
本サイトはアダルトコンテンツを含みますので18歳未満の入場をお断りします。
尚、サイト内の画像及び文章の無断転載を固く禁します。





動画 アダルト動画 ライブチャット